道路工事

「バリアフリー改修工事」は、さまざまな機関や施設でとりいれています。
バリアフリーには、手すりをつける、段差を無くす、トイレや浴槽を広くするなどいろいろな施工例があります。
バリアフリーの改修工事を取り扱う人で、福祉コーディネーターと呼ばれる人がいます。
福祉コーディネーターは、老人宅や介護施設などで、老人が過ごしやすいような設計を提案していきます。 続きを読む

カンナ

バリアフリーは一般的な家庭でもリフォームができます。
一般的な家庭では障がい者、高齢者にとって段差がない床の他に階段の手すり、お風呂や水周りなど、全てを全面的なリフォームを施す事が可能です。
改修施工を行った場合には国から補助金が適応されます。
申請することが必要で工事代金の領収書が必要になります。 続きを読む

道路標示

障がい者の方や高齢者にとって快適な歩行通路を確保するバリアフリーは、生活の支障を無くした施策として、段差をなくした床などを作ることです。
改修工事として多くの病院や施設などがリフォームを行っています。
支障がある生活は、車いすなどで通行する場合には危険を伴う場合があり、段差をなくすことで快適な歩行ができるようになります。 続きを読む

ホーム

バリアフリーに改修工事するのなら、フラットな空間だけでなく、トイレや浴室においても、さらに身体の負担が軽くなるように、入口も備品も変えてしまうのもいいですよ。
間取りも細かい仕切りをなくして、動きやすくすることもできますし、あらゆる移動が便利になるように、暮らしの機能をアップさせる工夫をしてもらいましょう。 続きを読む

カレンダー
2014年12月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
オススメリンク